shutto スマホ変換サービス PCサイトをスマホ・タブレットに対応する

PCサイトをスマホ対応の
Googleモバイルフレンドリーにします

shutto変換画面

shuttoは、Googleモバイルフレンドリーに対応した、スマホ・タブレット変換サービスです。

弊社は、shutto変換の制作パートナーであり、
株式会社イー・エージェンシーから技術力を評価いただいたテクニカルパートナーです。

多くのshutto変換を行ってまいりました。例えば、
大手出版社、大手求人媒体、コーポレートサイト、不動産媒体、大学、教育機関などなど。

お客様のご要望に合わせ、レスポンシブコーディングとの併用や、shuttoを利用しない方法もご提案しています。

shutto導入を検討されている、または、早急の対応が急がれる企業様のGoogleスマホ対応のご相談にのっています。

競合他社からのshutto変換の依頼も対応してまいりました。
動的サイトの変換に特に自信を持っています。

shuttoは、どのようなサイトに向いているか?

shuttoと最も相性の良いサイトは、CMSが導入されていて、厳格なHTMLコーディングがされたウェブサイトといえます。
しかし、そのようなサイトの場合、小規模であることが多く、あまりshuttoのコストパフォーマンスを活かしきることができません。
弊社で対応してきたサイトから考えた場合、以下のようなサイトへの導入が最も適しています。

リニューアルが難しい動的なウェブサイト
(求人サイトやシステムが複雑に組み込まれたサイト)

ECやASPサービスを利用しているウェブサイト
(ASP提供元のスマホ対応では、自由な表現やメニューを作れないサイト)

PCとスマホで、表示内容の出し分けをしたいサイト
(PCサイトにはない要素をshuttoで追加したり、PCサイトにある要素をスマホ側で非表示にしたいサイト)

つまり、100ページを超えるようなサイトや、官公庁、大手企業サイト、メディアサイトなどへの導入に適しています。

また、リニューアルを1年程度先に見据えているが、スマホ対応だけ行いたいというサイトにも
導入が簡単なためサイト規模を問わずお勧めできます。

shuttoによる変換だけにこだわらず、レスポンシブコーディングや、スマホ用のページを新たに作るなど、柔軟にお客様のコストや条件に合わせてご提案ができます。

shuttoでできること
ほとんどのPCサイトをスマホ対応できます。

shuttoは、PCサイトをスマホ・タブレット端末に対応させるサービスです。
株式会社イー・エージェンシーが提供しています。
Googleのモバイル検索にも対応した、なかなか素敵なスマホ変換がシュッとできちゃう優れものです。
わたしたちも気に入って、お客様にオススメしています。

しかし!
Javascriptが仕込まれているサイトだと、そのプログラムが正しく動かなかったり、
プログラム同士がバッティングしてしまったりする事があります。

Javascriptについて理解が深くない場合、shuttoが導入できないと思われたり、
面倒だからスマホ変換できないという判断されがちです。

ジオ・キュービックは、
javascriptやPHP技術者が多く、サイト内のプログラムの解析・調整・カスタマイズ・新規にプログラムする事ができるため
ほとんどのPCサイトをスマホに対応させてきました。

イー・エージェンシー様から技術力を評価していただき、テクニカルパートナーになりました!

お問い合わせ 03-5919-3353

shuttoの使い方(導入方法)
一行のJavascriptをHTMLに追加するだけ

shuttoの導入は非常に簡単です。
shuttoサービスサイトから、ユーザ登録(無料)を行って、
「ホーム」画面に表示される「埋め込みタグ」をPCサイトのheadタグ内に貼り付ければ準備完了です。

shuttoは、ブラウザの画面上からPC側の要素をスマホ表示にレイアウトしていくツールになります。

お知らせやニュース、ブログ記事のように同じパターンのページは、1種類の変換パターンを用意するだけで、自動的に変換されるようになります。
個別にPC要素の順番とは違うスマホ専用のレイアウトを作ることも可能です。
もっと言ってしまうと、PC側にはないページをshuttoで作っておき、スマホ専用のページを新たに追加することもできてしまいます。

PCサイトをただ単純にGoogleスマホ対応するだけではなく、スマホ用にデザインを用意して作ることもできてしまうツールなんです。

スマホ対応できるプロ版が年額60,000円
スマホ・タブレット対応できるマスター版が年額120,000円で提供されています。
共に、初期費用15,000円が別途かかります。 ジオ・キュービックでは、お客様の変換ルール(レイアウトパターン)づくりをお手伝いし、制作手数料を頂戴しています。

これまでに変換してきたサイト

shutto対応件数
(2017年3月現在)
  • DODA様

  • 扶桑社様

  • FOLK様

  • 一橋大学様

  • メディカルリソース様

  • 講談社様

フルスクラッチで作られたプログラムのサイトでも、
独自CMSが入っているサイトでも、
shutto標準機能とは違うメニューを作りたいという要望でも、
PCとスマホでUIを変えたいサイトでも!

これまで、ご予算の都合が合わなかったもの以外は、すべて対応してきました。
shuttoというサービスが、本当に優れているからできたことだと感じています。

shuttoの利点

shuttoの利点1リニューアルするより、手軽で安い
サイト全体をリニューアルするとなると、システム開発が必要だったり
稟議を何度も通さないといけなかったり、デザイン調整で時間がかかったりと
時間と手間と費用がかさみがちです。
shuttoであれば、リニューアルより安く、工期も短く済むことが多いため、
コストパフォーマンスに優れています。
shuttoの利点2将来出てくるスマホブラウザにshuttoが対応する
レスポンシブコーディングでサイトを構築した際には、
新しいブラウザが出るたびにHTMLやCSSの調整を全ページに反映しなければいけません。
しかし、shuttoであればサービス会社側でブラウザ対応してもらえるので、修正工数を抑えられます。
shuttoの利点3変換ルール設定後は、お客様でも修正できる
shutto変換において、HTMLテンプレートの変換パターンを作ったあとは、
お客様にログインIDなどをお渡しするため、自由に変更していただくことが可能です。
shuttoの利点4PCの表示順序に依存しない
shuttoは、スマホ変換する際にHTMLのブロック要素の表示順序や
メニュー構成の変更が可能です。
その為、PCサイトの表示順序に左右されないスマホ用の表示を実現できます。
shuttoの利点5サーバの負荷を気にしないで済む
shutto側のサーバで変換が行われるため、
PCサイトがおいてあるサーバの負荷を気にする事なく対応できます。

shuttoサーバのスマホアクセスの
最大キャパシティ(目安)

同時接続数 500/分

2万ユニークユーザ/分

144万~1,200万アクセス/時
(ネットワーク状況により変動)

お問い合わせ 03-5919-3353