Cubic-Approval 205,200円で承認機能がついたCMS

205,200円という低価格の理由

Cubic-Approvalは、MODxというオープンソースCMSに承認機能を加えた物です。
MODxは、中・大規模サイトに適したCMSで、キャッシュ機能が優秀なサーバに負荷をかけにくいCMSです。

一般的な有料CMSは開発コストが大幅にかかり、
未知のブラウザが出てきた際にバージョンアップの対応も必要なため割高なものが多くあります。
Cubic-Approvalは、オープンソースCMS MODxをベースにし、
MODx本体のプログラムには改造を施さず、承認機能を追加したため低価格を実現しました。

CMS本体をいじっていないため、アップデートやセキュリティパッチは何の問題もなくかけることができます。

大手企業や大学、教育機関、官公庁などへの導入実績が数多くあります。

企業や官公庁では、情報セキュリティや、コンプライアンスリスク管理のためオープンソースのMODxだけでは導入に障壁がありました。

承認機能や、その他セキュリティを保持できるよう調整することで企業・団体・組織の情報公開リスクを低減し、
より安心して人的リスクの所在を確認できるようにしました。

MODxの公開ワークフローに、承認依頼メール(プッシュメール)が送信でき、
承認者の承認を得て公開できるシステムを組み込んだものをパッケージ化したのがCubic-Approvalです。

承認段階は1段階、メールプッシュ機能付き

Cubic-Approvalの承認機能は、1段階承認です。
複数段階の承認機能は、運用上の弊害が多く、最終的に1段階承認+メールプッシュ通知機能を採用しています。

ページ編集者、コンテンツ作成者が公開を行おうとすると承認者(上長)へプッシュメールが届くようになっています。
届いたメールに記載されているURLをクリックするとブラウザが立ち上がりログインを促します。
ログインした後対象ページをプレビューチェックし、問題がなければ承認ボタンを押すことでページが公開される仕組みになっています。

公開日設定を事前に行っていれば、登録された日にページは公開されます。
公開日を過ぎている場合は、承認された時点で公開されるようになっています。

複数編集者・複数承認者による運用

Cubic-Approvalは、MODxの管理権限設定機能を利用しているため、
多くの編集者を擁するサイト制作にも適用できます。

例えば、大学や企業の各学部・学科ごとや、企業の部署別に編集者と承認者を設定することも可能です。
また、ディレクトリごとや、カテゴリごとに編集権限の設定や閲覧権限の設定も細かく行えます。

承認権限や複数編集者の設定が行えるため、オウンドメディアの制作・運用にも適しています。

価格

[MODx]オープンソースCMS 無料

[Cubic-Approval]205,200円 本体価格190,000円 消費税15,200円

年間保守・お問い合わせ対応 100,000円/年 一年毎に更新

途中解約の場合、年間保守・お問い合わせ対応費用の返金はございません。

対応環境

MODxEvolution1.0系日本語版に準じます。

PHPが動作するWebサーバ

PHPバージョン:5.6.0-7.1.0

MySQL5.6.x以上

MODxEvolution1.0系日本語版に対応

MODxEvolution1.0系日本語版に対応しています。
年間サポートも年額 54,000円で対応しているので、承認機能に関するトラブルにも安心してご利用いただけます。

お問い合わせ 03-5919-3353